脳はなぜ「心」を作ったのか

脳はなぜ「心」を作ったのかを読んだら、学習モデルのことが書いてあってすごく納得した。人間の行動は三種類しかなくて、

  1. フィードバック 昆虫・反射・単純行動・即物的
  2. フィードバック誤差学習による逆モデルの獲得 試行錯誤的・がむしゃら
  3. 順モデルを使ったイメージトレーニングによる逆モデルの獲得 イメージトレーニング・運動イメージ・思考、思惟的

 の3つだけ、というのが衝撃を受けた。

 逆モデルの獲得は「転びながら学習する」というもので、一回一回スキーとか自転車で転びながら、どうすると転ぶのかの予測モデルを自分の中に作っていく。

 順モデルを使うのは、実際にやらなくてもビデオとかを見ながらプロの動きを脳内に作って、スキーに行かないで会社の階段で練習をし続けたら、本番二日でいきなりうまくなるみたいなこと。「こうしたらこうなる」を思考でシミュレーションして学ぶこと。

 当たり前といえば当たり前だけど、よくある学習プログラムはどちらかしかやっていないから、両方やれば良くなるよ、ということを言っているのだなということがわかった。あと、結局入り方は別だとしても逆モデルをつくることでしかないからすごいシンプルだ。これができているかできていないかで学習効果も推定できる!

 この本の趣旨は、「心の地動説」と呼ばれているもので、これも非常に良い。

 私が、意識を用いてすべての自分の決定をコントロールしている、というように「天動説」で考えるとつじつまが合わないが、無数の無意識的な「こびと」の意思決定をすでに決定された時点で意識が受け取っているだけで、なにも決定できてはいないと考えるとつじつまが合うという内容。

 なぜ、そういう仕組みになっているか。エピソード記憶を保持するために、意識が必要だったからではないか、というのが仮説。もしエピソード記憶がないと、すでに餌をとりに行った場所にまた行ってしまったり、「夕食はもう食べた、 とか、昨日の獲物は穴においてあるとか、一週間前に自分の子どもが生まれたとか、去年の夏に家を建てた」といったエピソードがないと、「腹が減ったら食事をし、残した食べ物のことは忘れる場当たり的な行動しかできない。極度な痴呆状態だと考えれば良い。実際、下等な哺乳類は、なんらかの「意味記憶」は持つが「エピソード記憶」を持たないためにこのような生活をしているように見える。」ということらしい。

 そして、このエピソードも全部記憶してしまうと、役に立たないので、重要そうなものだけ抜き出して記憶しておくようにできている。この抜き出すということも無意識に行われていて、こうして整理・圧縮されているものをつながりとして認識しているのが「意識」だということになる。

 だから、意識は、常に前処理が全部終わった状態で物事を川下で眺めている状態にある。

 ということをふまえて、前野さんといえば幸福学だなと思い、Web記事を改めて読んだら、とても面白い。あ、そういう前提があるからこうなるのか!となって、結論だけ読んでも当たり前のことのような気がしていたことがそうでもない。

ただ、日本の画一化社会というか、偏差値社会、戦後の教育では、成績が良ければ偉い、いい大学行っていれば偉い、というように、人の強みを一つの軸で測りすぎていたと思うんです。だからありのままに自分らしく、あるいは自分の強みを見つけるという時に、成績のような一つの評価に偏りすぎていたと思います。

アメリカに行ってみるとわかるんですけど、どんな仕事をしている人も生き生き働いているんですよね。別に医者が偉いとか、経営者が偉いじゃなくて、ガソリンスタンドで働いている人も、「これは大事な仕事だぜ!」って自信を持っているわけですね。

 そういう風に、やっぱりもっと多様なものを認め合って、画一的な評価軸じゃなくて、ホスピタリティがすごいとか、誠実さがすごいとか、あるいはガソリンの入れ方がかっこいいとか、いろんな強みがあっていいと思います。それをもっと認め合って、ありのままになる社会になっていくと、その4つの因子を皆が満たすということができていくのだと思います。

 https://kikigotae.com/t_maeno/#outline__1_2

 この話は、エリック・フォッファーの「波止場日記」を読んでいるとすごく感じる。全然気にしていないので、それがすごく心地よいし安心する。このままではダメだという追い込みがすごく自分にかかっていた。

 そして、「心」がなぜ作られているのかともつながってくる。そもそも意識は、主体的に何かを決められないから、そこに力を入れて、「これをやらなければ!」となりすぎると、無理が生じて生産性が下がるのだろう。

1つ目は自己実現ですよね。発明したら、ものすごい自己実現じゃないですか。それから今イノベーションは協力して皆で、多様な人が集まると良いアイディアが出ると言われているので、2つ目の繋がりが多様であるのはいいですよね。3つ目のなんとかなる、もまさにイノベーション。リスクを取ってやることですからね。みんなが、ダメかもしれない、やめとけよ、ダメだよ、と言うのに、そこで一歩出てやるわけですから。4つめは、ありのままに、自分らしく、ですから、これが今、日本人に欠けているところですよね。全く新しいことをやること。

以上のことに、ある時気づいたんです、あれ、幸せの研究とイノベーションの研究、別にやっていたつもりだったのに、実はいっしょじゃないか、と。しかも、アメリカの研究で、幸せな社員は不幸せな社員よりも創造性が3倍高いという、強烈な研究結果があるわけですよ。ということは幸せになっておくと、創造性が3倍、アイディアが3倍出てきて、まさにイノベーションを起こせるということじゃないですか。ですから実は幸せとイノベーションは物凄く関係している。イノベーティブな経営をしようと思うなら、まさに幸福学をやらなきゃいけないということですよ。

 https://kikigotae.com/t_maeno/#outline__1_2

 というところまできて、ようやく、 「ありのままに、自分らしく」を追求できる環境をどんどん提供することに可能性がありそうな感じがしてきた。これを追求し続ければ相当良いのではないか。

 ただ、この「ありのままに、自分らしく」というのが難しく、順モデル的なものが自分の中にあって、そこから「自分らしく」を学習するということが構造的にできない、のを正しく理解する必要がありそう。ここをマニュアル化しきることができるかが次のポイントで、徹底的にマニュアル化できれば、生産性が爆上がりするポイントを発見できるかもしれない。

 そこで、「自分らしい」から離れてしまうとは何かを考えると「自己意識」の成り立ちが大事そうな感じがする。

まず、受動的な「私」(意識)の中の「自己意識」の成り立ちについて考えてみよう。「私」は、エピソード記憶をするための必然性から、心の中に生まれた機能なのだった。ということは、当然、「私」の一部である「自己意識」も、エピソード記憶ができるようになってからできあがったものだと考えるべきだ。

・・・「私」がやったこととして感じる「意識」という機能を持つようになった動物には、おまけがついてくる。すなわち、そうしていること自体、つまり、『「私」がやったこととしていま感じているこの状態』についての意味記憶を持つようになれるのだ。あらゆる機能に意味があるので、機能が生じた以上、当然、それについての意味記憶ができるようになると考えるのが自然だ。これが、「自己意識」という概念についての意味記憶だ。意味記憶は内部モデルのうような形で脳の中に記憶されているのだから、「自己意識」とは何か、を考えるときには、「自己意識」の意味記憶が「知」に読みだされて小人たちによって思考され、その結果が「意識」に届けられるわけだ。

p.116

  ここの部分がいわゆる「自己肯定感」みたいなことにつながっている感じがする。知の判断をしている部分で、「これはダメ」という判定をし続けると、ガックリきてしまうということなのではないか。

p.30にある図

f:id:oror:20200719105130j:plain

ヘーゲルの課題・エリック フォッファー・森博嗣 欲望とは。

ヘーゲルが提出した、人間は他者の欲望を欲望するようになる、だから社会に繋がるようになる、という命題は、「欲望」のところがとても難しいという地点に現代では差し掛かっているように思う。

「欲望」は、「購買」とはちょっと違う。「購買」は、潜在的に困っていることをどこまでもマーケティングで探り出して、そこを刺激していくような在り方なので、実は本人の欲望には答えてくれない。

「欲望」は、本人にもよく分からずましてや他人にはもっとわからない、非常にどこにあるのか分かりにくいものなので、自分の欲望がわかる、だけでも大進歩で森博嗣はそのことだけをずっと書いている。

エリック フォッファーは、その真ん中にいるような感じがする。

他者に見せるための欲望を厳しく否定しながら、そこで他者と繋がるための回路を探そうとしているところが、まだ煮詰まっていない感じで面白い。他人との比較で栄達するような働き方を否定しきっているのは素晴らしい。これは、そこまで割り切れなかったので、とても気持ちが楽になり、かつ、自分を厳しく否定していたポイントだったのだなと気づく。栄達を目指さないことは社会の否定なのではないか、と悩んでいたのだが、これをすっぱりと否定できれば、自分も他人も容認できる。なぜなら、小さな自分の欲望に気づき、それが良いと認めるだけでそれ以上ののぞみは社会にはないし、これが現時点における最高な状態だからだ。

ここから、先に、「自分の欲望の開放」欲望を認め合うに社会はフェーズとして移行するけど、それは、かつての60年代的な「開放」ドラッグだーフリーセックスだーみたいな感じではない。本人にもなぜなのか理解ができない、だからこそ、安らぐと言う性質の欲望であり、その承認なので、それは大掛かりな消費の仕組みすらもいらないものになっていく。

これは、その先でさらなる変化をもたらすだろうけれども、現時点で考え得る未来の進化の形としては妥当で、これをまずどう達成するかが次の目標になる。

波止場日記 組織はそもそも自然を模倣している

波止場日記(エリック・フォッファー)は、とても良い。

波止場で労働者として働きながら考え続けている。

絵画・音楽・舞踊の先行性、非実用的なもの、無駄なものの先行性をどう説明するか。おそらくここに、人間の独自性の根源がある。人間の発明の才は、人間の非実際性および途方もなさに求められるべきである。人間以外の生物はすべてきわめて実際的でありまじめである。人間の創造性の根源は、人間の遊戯性および不必要なものへの嗜好性にある。子供と芸術家にとっては、必要なものよりもぜいたくなものの方が重要なのはみのがせない。人間は必要なものを求めるよりも不必要なものを求めるときにより強く発明の才を発揮しようとするし、また現に発揮している。人間のつくりだした実用的な諸道具は大部分非実用的なものの追求のなかから得た洞察や技術を応用したものである。p.97

そのほかにも、文学の起源は、その文明の秩序が崩壊して文明を支えていた書記が失職した時に、耐えられない秩序への渇望から文学が生み出されるんだというようなことが書いてあって良い。

組織の起源は、もともと技術をもっていた社会集団に狩猟民が攻め込んできて支配し、支配者が組織をつくり、間で僧侶的な階級がもともとの文明との仲立ちをすることで、両者が結び付けられるというようなことも言っている。

これは、生命の進化とも似ていて、そもそも違う機能を持っていたもの同士か結合して、どちらが宿主ともつかない形になっていくのにも似ている。

組織とか支配の形態を人が考え出したときに、モチーフにしたのは自然だったのではないか、という感じが個人的にはしている。自然の観察から、組織という概念をひらめいたのではないだろうか。組織は、動物というよりは植物のような機能の限定された形、動かないものに近い感じがしている。

経営を自然に似せるのが良いのではなくて、そもそも組織とか経営という概念そのものが最初に自然から採用されている感じがする。組織に対する違和感は自然に帰ることで解消されるのではなくて、そもそもにおいて人間が自然的なものに対して違和感を感じているはず。

自然は、実際的に構成されているから、自然に帰ることこそが効率的な労働なので、人が労働を嫌いながらも受け入れるのは、安心感がそもそもにおいてあるからだと思われる。

ただ人間に遊戯性があるかどうか、という点で言うと多分、動物や植物にも長い目で見れば遊戯性があり、そもそもにおいてDNAが、遊戯性の根源だろうみたいな話はある。

だから自然における実際性というのは短期間の観察における機能の優位であって、ながーい目で見たらその機能ですら分化せず変化融合し続けているとみることもできる。

自然をどこから見るか、どう模倣するかで結果が違う。動物としての人間から見れば、組織はいかにも融通が効かないように見えるが、植物の世界から見たらこれ以外の方法では成長できない。2つは、出自が違うが、結局は人が観察し模倣し組み合わせているだけだ。

 

森博嗣の本が圧倒的に心が安らぐ

「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)の広告を見かけて、心弱っていることを自分でも感じながら購入して読んだら、森博嗣に中毒して、やめられない止まらない感じに。

仕事ってそんなに大事ですか?と問われて、自分の判断基準がすべて仕事=他人の評価を通じて決定されていることに気づいて愕然とする。他人のことは知りようがないと何度も確認していたのに、全然そう思えてないことに気づく。

仕事の価値は他人が決めるけど、自分がやりたいことは自分で決めても良いということが別々の問題だと思っていなかった。そこを分けて考えても良いということが、すごい目からウロコぼろぼろ落ちる。

自分探しと楽しさについて (集英社新書)も、自分は探せないという当たり前のことを書いている。何かに没頭することで気づくのが自分だということ。そして、一番今効いたなーと思うのは、ストレスを解消しないといけないと思いすぎてそれがストレスになることもある、という一文。これは、眠らないといけないと思いすぎて眠れないみたいなことと同じだという説明にまた、ウロコがただただ零れ落ちる。そうなんだ・・・。

疲れているのはストレスからなので、ともかく、何かして取り除かないとと、使命感にかられてスマホのゲームとかやってみたりしていた自分に気づく。あれ、自分やばいのかな、という気づき。まあ、没頭という意味では合っているのだけど、やりたくもないことをやっていたかも。

お金の減らし方 (SB新書)。三冊くらい読んでいると大体においてもう内容は同じだなとなるのだけど、お金は何のためにもらうのかと言ったら、自分の楽しみのために使うのだろう。そうでないと、働く目的が正しく作れないというような話に衝撃を受ける。はい、その通りですね。無駄にお金を貯めて投資で増やすみたいなことだけ考えて、その目的については一切考えていなかった。なんとなくいるだろう、みたいなことしかない。確かに日々が楽しくはないなと思い、さっそく、干潮の海に行ってみたいという自分の気持ちを大切にして、行ってみました。小さな海の生き物たちが宝物のようにキラキラしていて夢のように楽しいことを発見。良かった。本当に良かった。森先生ありがとう。

このあと、小説家という職業 (集英社新書) を読んだら、さすがに森先生はもうやめようと思います。あとは、次の大潮まで指折り数えて待ちつつ、もっと磯で楽しくできるいろんなことを考えて、生きていこうと思いました。

もう、投資で儲けることとかどうでも良いや。

思いつきをだらだらと書く

食パンにも理想化された学習されたパン画像というものがあるのでは。

これは、ラピュタパンみたいな特徴量が最適化された何かなので、基本的にはアニメだ。

だけど、写真の質感が残っている必要がある。

過学習されている加工されすぎている写真というのでもないので、この塩梅が難しい。

過学習されていないけど、意外な感じが残っているという特徴量の落ち着けどころがあるみたいだけど、それがどこかというのをうまくフィルタする。

 

世の中が落ち着いてくると非常につらい→乗り越えた

おうちでいることには慣れまくっているのですが、世の中がある程度落ち着いてくると逆に非常につらいものがある。

得体のしれない自罰感情すらある。

これは何か。

もう日常に戻りたくない、ずっとこのまま自宅にいたいという気持ちと、このまま家にいるとダメなやつになってしまうのではないかという恐怖で引き裂かれます。どうしたら良いでしょうか。

なんだったら、このまま自宅に待機し続けて結果的にとても貧乏な人になってしまったとしても特に問題はないのではないかとすら思います。でも、結局同調圧力に弱くて人が怖いので迎合的に出社したりしてしまうであろうという、自分の決定的な敗北を予見して今から自分で自分に絶望するという自罰感情です。

そんな自分が嫌なので、今こそ自分を変えていきたい!的なことを思いますが、今まで逃げ場になっていた「もしかしたら独立してお店を持ってみたら・・・」「英語ができるようになって海外に・・・」みたいな何も準備してないお花畑妄想すらも、コロナで無理だろみたいに自分で封殺されるので、まじで心の逃げ場がありません。

将来のことも、勝手に「お金たまったらアパートでも買ってひきこもるぞー」みたいな夢が、こうして家族がいるとはいえ半ば実現してしまうと夢ではなく現実になってしまうと楽しいだけではないことがわかってしまい、ほんとに妄想できる未来がなくなりました。つまり自身の妄想力の決定的な欠如。これがあらわれてしまった。そんなおうち時間です。

強烈な妄想力を復活させることが、この対策なので、まず今後の世界がどうなるのか、ほぼ壊れない経済が戻ってくるのに何かが壊れているという微妙な世界が来るという感じをクリアに予測する。

その後に、その世界で何をすると良いのかをもっと明晰に妄想。

 

>>追記 05/25

妄想力を高めるために、まずは写真のレタッチについて調べ始めた。Photshopの月額アカウントも有効にして、AIで自動生成される画像についても調べている。これでだいぶ元気になってきた。

自分でスマホで撮影した画像とAIが生成する画像を見比べると、圧倒的に自分で撮影したものの方が特異さがありすぎる。

人は、画像をみて過去の記憶と照合するので、記憶の中で特徴量が抜き出されている。美は、特徴量の記憶、自分が見たものを自分で計算して抜き出している。それとの適合具合で判断をしているから、ハイパスフィルタとかは特徴量、エッジの計算を人工知能と人とで組み合わせすると最適な特異さに近づいていく。という仮説がたった。

美と特徴量というテーマ。

エッジにある現象は、美しい。要素がバラバラになる限界で、それぞれの要素が別のスケールの宇宙ともつながっている状態であれば、美しいと思える。こんなことが美しいと思うのか!という驚きと共に、この完全性は、結局のところ同じことの繰り返しでしかないという感じもある。拡張性は退屈さと隣り合わせになっている。

対象があるかどうかには依存しないことはすでに、デジタルなものに価値がめちゃくちゃあることで証明されているからできそう。

https://books.google.co.jp/books?id=vUb3DQAAQBAJ&pg=PA2045&lpg=PA2045&dq=%E7%BE%8E%E3%81%A8%E7%89%B9%E5%BE%B4%E9%87%8F&source=bl&ots=IbUclaz42k&sig=ACfU3U0QipSKBwJENrujgqPeYt_bfgd_Mw&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwj_86qIiM7pAhWUHXAKHdiTD1AQ6AEwAXoECAkQAQ#v=onepage&q=%E7%BE%8E%E3%81%A8%E7%89%B9%E5%BE%B4%E9%87%8F&f=false 

お題「#おうち時間