日常

森博嗣の本が圧倒的に心が安らぐ

「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)の広告を見かけて、心弱っていることを自分でも感じながら購入して読んだら、森博嗣に中毒して、やめられない止まらない感じに。 仕事ってそんなに大事ですか?と問われて、自分の判断基準がすべて仕事=他人の…

世の中が落ち着いてくると非常につらい→乗り越えた

おうちでいることには慣れまくっているのですが、世の中がある程度落ち着いてくると逆に非常につらいものがある。 得体のしれない自罰感情すらある。 これは何か。 もう日常に戻りたくない、ずっとこのまま自宅にいたいという気持ちと、このまま家にいるとダ…

なんのことかわからない図ができた

人は、全てを思考して意思決定できないから、どこかに集約点を作らないといけないのだけど、これを作るとどうしても歪みはできる。けど、作らないと意思決定できない、どうしようみたいなことと、これからどんな講座作ったら良いか考えたい、がゴッチャにな…

心理的安全性の対象を社会全体に拡張すると、文章が壮大になる

心理的安全性のよくある文章を社会全体に拡張してみると、文章が壮大な感じになって面白い。こうして見ると、世の中の人たちがしていることの意味がわからないだけで、人はストレスを感じるみたい。政府とか、よく理解できない他者について悩んだり文句を言…

自己啓発についてはなかなか答えが出ないままだ

自己啓発については、なかなかに答えが出ないものである。 これも、なるほどと思うのだけど、それで自己啓発を覆すことができるのかというと、そこまでの破壊力を持っているかどうかはわからない。 「あるノウハウを身につければ、学歴や経験に関係無く、誰…

生き延びる

仕事なくなったら、バイトする。流通のバイトとか。 それがダメになったら近所のお店とかを無償で手伝う。テイクアウトの配達とか手伝う。日銭は、なんとかデイトレする。 それもダメになったら、親戚のツテとか知り合いのツテで田舎に落ち延びる。なんとか…

マスクはやっぱ有用なんじゃねとナシーム・タレブが引用

これは私がウイルスに関してみた中で最も統計的関連があるなー、的なコメント。 そうか、マスクは有用説もあるのか、と単純に驚く。マスク有用じゃないよって言われてたからそうなのかと思っていた。わからん。 This is the strongest statistical associati…

ミニシアターはZoom配信とかにしたらどうか

権利の問題はあると思うけど、営業を停止できない小さい映画館は、Zoomで配信して課金はピーテックスとか別の仕組みでやるとかにして、急場をしのぐとかできないのかなと今思った。 あえてミュートにしないで、笑い声とか身じろぎしている音とかも共有しあう…

仕事のテーマとは、を考えてレオナルド・ダ・ヴィンチが元祖セドラーだったことがわかった話

自分の仕事のテーマを探そうと思って色々考えて、レオナルド・ダ・ヴィンチの手記を読んでいたらとりあえずダ・ヴィンチが元祖セドラーだったんだなということがわかった。 というのは脇道の話で、自分の将来のことを考えて、将来のことに予測不可能性が入る…

なんで人は自分の欲に負けるのか

投資をしていると、まあまあ勝っている時の後に、必ず大負けする時がきて、それはなんでなのだろうか、と思うと、やはり自分の欲に負けている。 ここで、大きく賭けても大丈夫、必ず勝てるという謎の確信。 これがよくない。マネーコントロールの基礎ができ…

お互いに自分勝手に生きる社会をつくるために、この自分勝手は禁止というルールが一つだけある

この世の中でいちばん良いなと思うのは、みんなが自分勝手に生きていても特に問題ない、という考え方だ。 反対にいちばん良くないなと思うのは、誰かが勝手なことをしているからダメなんだとか、余計な回り道をせずに成果を出していきたい!それ以外の人は従…

テーマを見つけること

前回、自分の好きなことをするだけだとあんまり良くないという話を聞いたということを書きましたが、今回はそれに続いて、その「自分の好きなことではないこと」つまりは、テーマにたどりつけるのかということを書きます。 テーマと学校の課題的なものとの違…

嫌いなものを見つけたぞ

たいして嫌いなものないな、と思っていたが、すごい嫌いなものがあることに気づいた。facebookの誕生日おめでとうコメントを書かれること、これが本当に大嫌いなので、結構前に誕生日を非公開にしたのだった。 というか、みんなよくあれに耐えられるな。大し…

対話のことば オープンダイアローグに学ぶ問題解消のための対話の心得 を読んだ。

対話のことば オープンダイアローグに学ぶ問題解消のための対話の心得を読んだ。斎藤環さんのオープンダイアローグの本より、簡単なので、復習に最適かも。環さんの本だととっても難しく書かれていたような気がして、どう取り組んだらいいのかはわからなかっ…

歯ぎしりをなおすためにマウスピースを買ってみた

歯ぎしりが子供のころからずーっと続いていて特になおす必要もないような気がしていたのですが、歯ぎしりで歯がばきっと壊れるかもという不安が突然募り始めてなおすチャレンジしようかなと思い、マウスピース買いました。 試しに、Googleで論文検索してみた…

仕事をとりすぎると個人も会社も国も経済全体もダメになるかもしれない

この記事を読んでガーンとなった。 この話は会社の話だが、個人でも一国の経済でも世界の経済でも、ある限界を超えて仕事をとってしまうと、処理のための行列が終わらなくなるのではないか。と思いガーンとなった。 とれるだけ仕事をとってはいけない : タイ…

エッセンシャル思考を読んだ

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にするを読んだ。 寝るのが良い。 ともかく集中する。 断ると結局集中できるから誉められる。 という内容です。 それ以上のことはないけど、逆に色んなことに注意が広がってすべての方向に1ミリずつしか進めていな…

ゴリオ爺さん 良かった一節

ゴリオ爺さんの良かった一節。 ウージェーヌ・ド・ラスティニャックは、パリにもどってきたとき、人並みはずれた青年か、あるいは逆境のせいで一時的に俊敏な能力を得た人間なら、だれでも経験するような気持ちになっていた。 上巻・p.61 この「逆境のせいで…

『スターウォーズ 最後のジェダイ』を見てつまらなかったというか激しい心理的葛藤にみまわれた

『スターウォーズ 最後のジェダイ』皆さま、ご覧になられましたでしょうか。 私は、生まれて初めてスターウォーズシリーズを見てとても辛くなる、という体験をして動揺しています。見れば見るほど落ち込んでいくというか。何でしょうか。 つまらない、という…

うつヌケ

うつになりやすい人は、真面目で気が小さい人。なおるきっかけはともかく自分を肯定すること。慎重で自己肯定をすぐにしない人はなりやすい。あと温度差とか気圧差とか太陽が出てないとかで、なる人もいる。 ただアマゾンのレビューで、自己肯定できない悩み…

人生の成果を何におくのか

すごいテーマだけど、人生で何をしたら合格なのかということをいきなり考えた。 仕事の成果なのか、家族なのか、お金なのか、それともなんでもない何かなのか。 結論としては何でもない。何でもないし、何でもありだ。 どうなっても大成功だし、問題ない。 …

いかにして自分は選ばれたというストーリーと戦うか

ともかく自分は選ばれたというストーリーはめちゃくちゃ多い。ブレードランナー2049が良かったのは、その選ばれたというストーリーそのものが入れ子になっていて、植えつけられた記憶になっているところで、ここは良かったな。 比較的多くの人が、自分こそが…

なんで自民党支持する人が多いのか 自由からの逃走

なんで自民党の安部政権を支持する人が多いのかというと、自由が強すぎて多くの人が不安だからなんではないか、という記事にエーリッヒ・フロムの「自由からの逃走」が紹介されていたので読み始めたけど、すごいこれ最高。 今を生きる人の本質的な不安と、そ…

うつとかとレイク・ウォビゴン効果とか

人は、レイク・ウォビゴン効果によって自分に対してやや有利な誤解をしているものだ。みんな自分は特別だと思っているはず。でも、うつの人の場合には、他者と比較して劣等感にさいなまれるので、それは何でなのか。これって、自分が特別という考え方の裏側…

ストレスに弱くなる考え方と、好きなことへの固執

ストレスに弱くなる非合理的な考え方が、株式投資の非合理的な判断みたいな感じで興味深い。結構日常で実践するの難しいような気がするけど・・・。 style.nikkei.com これは、本当に苦痛な考え方で本当に嫌だなと思っていたので、良かったなあと思う。あと…

アートを見たりする。働き方イベント。

先々週と先週はトリエンナーレに行って、今日は馬喰町のギャラリー飯岡幸子展「永い風景」でした。馬喰町のバクロ コモンというお店でランチを食べた。すごい日曜日の街が静かしすぎて最高だし子連れでも行けるし、良かったけど、味つけは濃い感じがした。 …