読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベトナムの証券会社に口座を開く際、「渡航証明書」は不要になりました!

今まで、ベトナム現地の証券会社に口座を開こうとした場合、「渡航証明書」が必要とされていました。
が、実は今年から不要になっているのです。知っていましたか?

私は知りませんでした。「渡航証明書」をとらないとなぁとずるずる引き延ばしていて、いざとってみたら、もういらないという、ガッカリムカ着火ファイヤーでした・・・。

昨年は、下記の記事のように警視庁にわざわざ行く必要があったのです。なので、私もドキドキしながら平日の昼休みをつぶして行ったのですが、本当に徒労に終わりました。まあ、警視庁って入口の門のとこで、守衛に止められて用件聞かれるんだ、とか、受付の横に待合室があって待つんだな、とか、手続きをしてくれた婦警さんがおっとりした感じだったな、とか、色々分かったので、いいんですけど・・・。
ベトナムで証券口座を開設するにはまず警視庁に行くべし!?|ザイスポ!|ザイ・オンライン

もし、今からベトナムに口座をつくる場合は、下記のような流れとなります。


(1)開きたい証券会社にメールで口座開設をしたい旨連絡する。
 参考 徹底比較!ベトナム証券会社の取引手数料

(2)ぼくの場合は日本証券(旧サクラ証券)に連絡しました。
 メールで、Q&A 20101007.xls 会社プロフィール.pdf お客様カード  原本.xls
 が添付で届くので、お客様カードをデータ記入して、メール添付で返送する。

(3)申込用書類が届く
 全部印刷して、サイン記入が必要なところに書いていく。

(4)パスポートを代行業者に書留で郵送。代行手数料\20,000-を送金する。
 ベトナムへ行かなくても、手続きしてくれる代行業者があるので、パスポートを書留で郵送する。

(5)申込用書類+お客様カード(捺印必要)を、国際郵便でベトナムへ郵送する。

これで、手続きは完了です。

(6)口座開設の案内と、IDパスワードが到着する。
現地の銀行と、証券会社に口座が開設されて、後は入金すれば、手続きはオンラインから可能になります。


問い合わせは、メールで日本語で可能です。
若干、手続きがメールで問い合わせないと進まないとか、添付ファイルが間違っているなどがあるのが不安ですが・・・。

代行業者への送金とパスポート送るという手続きが追加であるぐらいで、他は日本の証券会社に開くときとそう変わらないので、口座は開きやすくなったと言えますね。